~いつもありがとう~

プロフィール

えり♪

Author:えり♪
亀ちゃん大好き♪
日々変化するように大人になってく亀ちゃんを、ちゃんと見逃さずに見ていられたら・・・
そんな気持ちで応援してます。
好物は、足、オデコ、サングラス♪
何よりも笑顔が好きです。

カテゴリー

★最近の記事+コメント★

♪お友達♪

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【だから、近くに・・・】~第23話~

こんばんは。
珍しく2日連続で更新しています。

あちこちで大雨ってニュースが出てますけど、被害は出ていませんか?
東京もたくさん降ってるんだね。大丈夫でしょうか?
こちらも降ってます。そう酷くは無いですが。

明日は楽しみにしていた、ゆっちの舞台を見に行きます。
当然、とても早起きをするつもりなんですが・・・
またお昼寝で爆睡しちゃって、眠くないんだ~(笑
バスに遅れたら終わりなので、そろそろ寝ます。
楽しんできますね♪


続きを読んで下さるなら、ついでに・・・ 励みになりますっ!!
↓↓ 麗しいクチビルを、ポチッと一押し、お願い致します♪





        【だから、近くに・・・】~第23話~



ジンと連絡が取れなくなって、どのくらい経っただろう。
まだほんの、1ヶ月くらいなんだけど・・・
俺は別に、何も行動を起こしちゃいねぇ。
何をすればいいか分からなかったし、どう動けばいいのかも判断できなくて。
ジンの事を、本当は何も知らなかった。
俺たちはお互いに、そんな細かな事を聞こうとしなかったし、必要も無かったから。
だから今は、連絡を待ってるだけ。
それ以外に、何が出来るか分からなかった。

けど、何だか色んな事が面倒になって・・・
誘ってくる女の誘いを、ぜんぶ断ってる。
めちゃくちゃ冷たい声で、
「もう会わねぇ。面倒くせぇし」
なんて、どうでもいい奴に対して俺は、
こんなに冷めた声が出せるんだって、変に自分で感心したりして。
別に、ジンに対して変な感情は無かったけど、合いカギを返してきたアイツは、
俺が中からカギを開けてやんなきゃ部屋に入れねぇ。
そう思うと、真っ直ぐ家に帰ってる。
帰っても別にする事は無くて、以前と変わらない、
ただ時間が過ぎてくだけの普通の毎日だった。

無かった頃は、平気だったのに・・・
一度でも触れてしまうと、無くせなくなる。
手放せなくなる。
無くすのが、怖くなんだ、な。
それは、自分が弱くなるって、事なのか・・・


あれ以来、本当は触れたくなかった。
欲しく、なかったんだ、暖かさなんて・・・
自分の中にあるトゲトゲしたモノを持ち続けるには、思ってたよりも強い感情が
必要だったし、自分が弱くなる訳にはいかねぇって思ってたから、
俺はずっと1人が好きで、優しさや柔らかさに触れないよう、いつも冷めた目を作ってた。
本気でなんて、笑えねぇ・・・
ずっと、そう思ってた。
だけど、そこへ遠慮なくズケズケと入り込んで来たジンを、追い出すでもなく
拒否するでもなくスルリと素直に、感情よりも先に、心が受け入れた。
それは、ジンも同じ。
ちゃんと、分かるんだ。
そんな事は一度も口に出さず、伝え合うこともなく、
何となく過ごして来た出会ってからの半年で、
言葉ではなく心で、理解し合ってた。


だから、連絡が取れなくなって心配するのは、ジンの気持ちなんかじゃない。
そんなのは、疑う余地もねぇ。
自分から離れて行くなんて、そんなのでっかい理由がなきゃ考えらんねぇ。
信じてるとか信頼してるとか、そういう感情じゃなくて、
何だか当たり前すぎるくらい、「んなの、当然だろっ?」って思える気持ち。
俺もジンも、きっと、弱くなったんじゃねぇと思う。
暖かいモノに触れて、温もりを感じて、
大切だと思う何かを見つけたら、多分・・・
その何かを守ろうと、もっと強くなれる。
ジンと居たら、そんな事を感じられた。
だから、大事なのはジンの、俺に対する気持ちじゃねぇ。
そんなもん、当たり前に分かり過ぎて、笑えそうなくらいに見えてんだよっ
俺を、好きなんだ。
変な意味じゃねぇし、言葉にすれば笑っちまいそうにクサくて。
進藤さんが言ったように、「抱きたい」なんてこれっぽっちも思っちゃいねぇし。
抱くならやっぱり、俺はオンナがいい。
けどな・・・
心は、抱き締められる。
相手が男でも、ジンでも・・・
ジンだからこそ、アイツの心を抱き締めるんだ。

心配しなきゃなんねぇのは、俺に連絡を取らなくなったジンの気持ちじゃなくて、
きっと、連絡を取れなくなってしまった「今の状況」なんだ。
何がどうなって、離れようとしてる?
それがジンの本音だなんて思えないから、理由を知りたい。
どこに、いる?
誰と、何してる?
苦しんで、ねぇのか・・・?







カズに連絡を取らなくなって、もう半月も過ぎた。
もう、連絡する気はない。
俺は自分で、真と居る事を選んでしまった気がして、
それじゃあ、もう、会えねぇだろうと諦めた。
別に、俺がカズを守ってるなんて気持ちは持ってなかったけど、
でも、俺と一緒にいたら悪い方向へ引きずり込んでしまいそうで、恐かった。
何も言わなかったし、知らなかったはずなのに、真はカズに目を付けてた。
それが、本当に恐かった。
ここで、もしもカズに何かあれば、俺は自分のせいだと思ってしまう。
カズにも、裏切られたって思われるだろう。
あの店であんなに暖かい雰囲気の中で、俺の色んな部分が癒されて
ポカポカしていたのに、本当は敵だったなんて絶対に思われたくなかった。
こんな世界に、絶対に引きずり込みたくねぇんだ。

カズと出会う前に、戻るだけ。
なんも無かった、俺に・・・
あの頃の俺に、戻るだけじゃん。
それが、どーした?
それで、構わねぇじゃん・・・
そうやって自分に言い聞かせて、納得させようとしてる心が、ズキズキしてる。
なんか、痛いんだ・・・

俺が、こんな男娼みたいな事をやってるって、知られたくない。
借金がどうとか、言い訳みたく言いたくない。
カズの敵側に居ると、そう思われるのだって絶対に嫌だ。
俺はカズを好きだと思ってるけど、カズだって同じように思ってる事は分かってる。
そんな大事な気持ちを疑わせてしまうくらいなら、
もう会えねぇ方がマシだと、自分に言い聞かせた。

あの日、「俺を売り付ければいいじゃん」と言った俺に対して、真はただ笑っていた。
「それも、いいかもな」
と、殺したくなるような憎い顔で笑ったクセに、別に何かの行動を起こす訳でもなくて。
この街でウロウロしてたら、いつかまたカズに会っちまうじゃねぇかっ
さっさとどこにでも連れてけ・・・
そう思うのに、真は俺を手放さなかった。

呼び出しは、頻繁になった。
解放される朝方、家に帰り着き死んだように寝てると、今夜も来いと連絡が入る。
感覚が麻痺して、まるで24時間ずっと酔っ払ってるような、
朝も夜も良く分からなくなって、いつもボンヤリしてる。
俺は、何やってんだろう・・・?
真の命令を断れないのは、何でだろう?
疲れた身体を引きずって真の部屋へ向かいながら、
自分がもっと汚れたら、楽になんじゃねぇかと思ったりして・・・
這い上がれないくらい底辺まで落ちたら、もっと気楽になんのかなぁ
色んな事に、諦めが付くのか?
ただ毎日、ポケットにはたくさんの、汚い金が貯まってゆくだけ・・・


アイツに、会いてぇ・・・なぁ・・・



スポンサーサイト

テーマ : 亀梨和也 - ジャンル : アイドル・芸能

<< 【だから、近くに・・・】~第24話~ | ホーム | 【だから、近くに・・・】~第22話~ >>


コメント

心の中の陽だまりは、暖かくて
でも目で見ることも、手で触れることもできなくて
もどかしくなるけど、ちゃんとあって
だから 人を愛せるのかな?
なんて、思ったりしますね。
ジンもカズも切ないです。
二人が陽の当たる場所に帰れることを願ってます♪

こんばんわ。ご無沙汰しちゃってますe-330

ジンもカズも、お互い一番深いところで
相手のコトを思ってるのかな、なんて。

心を抱きしめられると思う人がいる、
抱きしめて欲しいと思う人がいる、
それだけで何とも言えないけど・・・嬉しいですよねe-420

この先どうなるのか楽しみです。
えり♪さんのペースでまた頑張ってくださいe-271

★kamekazyaちゃん★
こんばんは。お返事が遅くなってしまいました。
いつも感想を、ありがとうございます。
いつも、カズとジンの気持ちを交互に書きながら
以外と、口に出さない想いの方が大事かな~なんて
思ったりしています。特に、男同士は。
それが、「心の中の陽だまり」 なのかな?
そんな風に思いながら、書いています。
そろそろ動きを出さないと、物語が止まってる(笑
早くジンを助け出さなきゃ!! ですね。

★みぽぽちゃん★
こんばんは。こちらこそ、ご無沙汰しています。
お元気でしょうか?
読んで下さってたんですね、ありがとうございます。
なかなか平穏にはならないのですけど、
心を疑わないで居られる相手って素敵ですよね。
その相手が居るだけで、自分も強くなれたりします。
上手く書けなくて、過去の事とか混ぜながら書くと
何が何だか分からなくなってきて、焦っています。
そろそろ動きを出して、一気に進めなきゃ~と
思ってるんですけど、先行き不安です・・・
いつもながらマイペースですが、
懲りずに遊びに来て下さいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。