~いつもありがとう~

プロフィール

えり♪

Author:えり♪
亀ちゃん大好き♪
日々変化するように大人になってく亀ちゃんを、ちゃんと見逃さずに見ていられたら・・・
そんな気持ちで応援してます。
好物は、足、オデコ、サングラス♪
何よりも笑顔が好きです。

カテゴリー

★最近の記事+コメント★

♪お友達♪

FC2ブログランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ! 頑張れ!!!&ドリボズ感想

大丈夫・・・、亀ちゃんだから大丈夫・・・
そう言い聞かせるように、行きたくても近くへ行けない私は、
昨日の夜公演に入ったお友達のメールを待つだけでした。

舞台にアクシデントは付き物で、必ず何かあるでしょう。
痛みに顔を歪めて、着地で尻餅を着くなんて、かなり痛かっただろうね。
だけど、最後までやり通して、2部にも変わらない様子で出てきた。
それでこそ!!と思います。
骨折とか、筋がどうとか、そういうケガじゃなきゃ出るでしょう。
だから、2部へ出たのなら安心だって、そう思えました。

精一杯に頑張ってる人に、頑張らないで・・・とは言いたくない。
こういう正念場で頑張ってこそ、亀ちゃんだと思うから、
あえて、「頑張れ!!」と言いたい。
もの凄く心配ではあるけど、心配されることさえ嫌いだと思うし、
ケガしたからフライングを削るとか、場面を飛ばすとか、
多分そういうのは、亀ちゃんが1番イヤがりそうだから・・・
だからね、頑張れっ!!

打撲は当日よりも、2~3日目がキツイと思う。
今日や明日は、アザになったり痛みも増したり・・・ね。
だけど、例えアザになって目立っても、そのアザをファンデで隠してでも
きっと平気な顔をして出てくる亀ちゃんだから、だから、好きなんだ。
そういう亀ちゃんが、やっぱり大好き。
お客さんの事をとても考えているけど、1番は自分との戦い!
だからこそ負けない亀ちゃんが、どんなにか素晴らしいか・・・
痛みがあっても決して手を抜かないであろう、亀ちゃん。
ケガしたから大目に見てと、絶対に思われたくないであろう亀ちゃん。
楽屋に帰って痛みで顔を歪めていたとしても、
1人になったら「頑張れるかな?」って少し不安になったとしても、
気持ちを切り替えて、歯を食いしばって、キッと前を向いて、
そして、いつもと変わりない顔で出てくる、
そう思える亀ちゃんが私の中には居るから、私は心配を吹き飛ばす。

大丈夫、がんばれっ!!!


続きを読んで下さるなら、ついでに・・・ 励みになりますっ!!
↓↓ 麗しいクチビルを、ポチッと一押し、お願い致します♪


では続きに、ドリボズの感想を書きます。
ルポではないです。単なる、私が感じたことをダラダラと
綴るだけですので、興味のある方だけ覗いて下さい。


最近、ほとんど他人のルポを読まなくなりました。
信頼するお友達から頂くメール、お友達のルポのみって感じで・・・
それが、どうしてなのか自分でも分からないけど、
他の人が感じる「亀梨和也」に興味が無くなったのか??なんて
そんな風に自分で思います。他の人がどう感じようと、どう見ようと、
私には、自分が精一杯に想って、自分自身が感じること、
それだけで良いと思うようになりました。それで、充分です。

ドリボズ、自分の記憶の中で印象的な部分だけを書きます。
人それぞれ、好きな場面も印象的なシーンも違うと思います。
たぶん私も、全体を通して細々とほとんど覚えていますが、
特に印象的だったシーンに絞って書きます。

まずは、やっぱり登場シーンだな~って思います。
真っ白のタキシード、割と細身のズボンで、それはそれは、
見事なくらいに美しくて、有り得ないくらいに輝いた姿でした。
白ジャケットの襟に白いレースをあしらって、その襟に黒い生地を重ねて
襟元を引き締めてるみたいな、上手く言えないけどとても素敵な衣装。
舞台の上に設置された真っ白い階段のセット、その1番上に現れる亀ちゃん。
本当に堂々とした姿に、何だか夢みたいに感動する。
あぁ・・・、亀ちゃんが居る・・・(涙
何度見ても、いつも思う。
「本物が、動いてるよね?」って、動く亀ちゃんを確認して泣ける。
白い階段の1番上に立ったカズヤは、私にはまだ亀ちゃんでした。
まだカズヤと思えなくて、ただスッと立った姿勢の全部で、全身で、
「亀梨和也」を表現してるような、立ち姿。艶やかな姿です。
その立ち姿が、もうどうにもこうにも、たまんない。
まだ何も始まってない、現れた一瞬の、ポーズを取った立ち姿、
それだけで切なくなるくらい、大好きな亀ちゃんの姿でした。
堂々として立派な姿で、片足を引いて、もう片方の足を少しズラして、
ほんの少しだけ斜めに立って、軽く手を広げてポーズを取る。
その立ち姿に、一瞬でクラクラするほど「亀梨和也」を感じます。
見ている人の視線を、スーーーーっと一瞬で自分に惹きつける、
そういう魔力を持ってるのかしら?と思う瞬間でした。

あ、去年のドリボズとは、衣装がほとんど新しくなっていて、
映画を撮影してるシーンのフライング(1番最初のフライング)で
かぶってる紫のマント、あれは同じだけど、他は変わってるかな。
挑戦者を歌った時のコート、あれも同じように見えて微妙に変わってる感じ。
ストーリーは、平成ドリボが1番良いかなって思う。(勝手な意見です)
純粋に、楽しめる感じがするので。
段々とややこしくなって、色んな場面を取り入れようとしてるから、
逆にゴチャゴチャしちゃうんじゃないの?と思ったりします。
まぁ、良いのだけど。

次に、映画撮影のシーンですね、アレはやっぱりたまりません。
【One Night】の前奏(の前奏?)が流れるとね、それだけでダメで・・・
ここで、私の頭は、亀ちゃんからカズヤに切り替わった感じ。
紫のマントをかぶって、静かにスーーっと空中に引っ張られる感じで
その時の姿勢がキレイで、胸を張って、少しだけ片足を後ろに上げて、
背中を吊ってるのは分かるけど、それでも何かに引っ張られて
空中へ静かに吸い込まれるみたいに飛ぶのね・・・(泣
キレイ過ぎた・・・
平成ドリボのカズヤは、この時、天井からゆっくり、
スーーーっと降りてきたんだ・・・なんて思い出したり。
紫のマントを後ろから引っ張り、ボクサーパンツのカズヤが現れたら、
空中で浮いてるのに、なんてキレイで堂々とした姿なんだろ~って
両手を広げるようにポーズを取って浮いてるカズヤが、何とも素敵で。
舞台に戻る頃に、【One Night】の、本当の前奏が始まる。
タッキーのドリボから変わらずに使われている、この曲が1番好き。
とにかく、条件反射のように、カズヤが頭に浮かんでしまう曲。
泣かない訳がない・・・ってくらい、恥ずかしながら、やばい号泣でした。
どこがどう好きとか、そういうんじゃなくて、
とにかく積もってる想いが、この曲に集約されてる感じかな・・・
舞台の上に居るカメラに向かって、挑発するみたいに拳を握る姿や、
その姿が大きく後ろのモニターに映る、アップの顔や、
ステップを踏むみたいに軽い足取りで、跳ねるみたいに踊るダンスや、
「この手の中に~」で足を大きく開いて、ガッツポーズをとる姿勢や、
とにかく好きで大好きで、本当に大好きなシーンでした。
カッコ良すぎて、ここらで早くもギリギリの感じ。
最後まで持つのか・・・って(笑、
心臓は3時間ずっと、早鐘のごとく!でしたしね。
ライブよりずっとずっと、余裕がありませんでした。

今回、念願の2階席(割と前列)に座ることができました。
どうしても1回は、2階席から見たかったんですよね。
全体を通して、空中を飛ぶカズヤの顔を見てると、切なくて・・・
真正面じゃないから細かな表情まで見えない時もあるんだけど、
ロープを掴む腕にギュっと力を込めたり、ものすごく大きく息をしたり、
次の技に移るぞって時に一瞬だけ目を閉じて、次の瞬間には睨むような
キツイ目をして前を見据えたり、技が決まると大きく息を吐いたり、
下から見たのでは分からないような場面をいっぱい目撃できました。
心配でドキドキするし、内心では無くてもいいと思ってる空中技、
だけど、頑張る亀ちゃんを見てたら、ホントにね、
「もういいよ・・・」って気持ちはどこかで持ってるのに、
「頑張れ! 頑張れ! あと1つ、頑張れ!!!」って
1回でロープに戻れなくても、「もう1回、頑張れ!」って・・・
ハンカチを握り締めて、ブツブツとそればかり言ってた。

書いてるのが、順番なんか関係なくゴチャゴチャしてきましたが、
思いついた所から書いちゃいます。まとまらなくてゴメンなさい。

2階から見ていると、奈落の中まで覗き込むように見えるの。
「俺が全部、引き受けてやるっ!」と言うようなセリフで、
両手に手錠を入れられたまま、奈落へ飛び込む1幕の終わりシーン。
オペラでガン見していました。あの中を見たいと思ってたし。
両手に手錠を入れてるから、少し飛び込みにくそうにして、
フワフワのマットの中へ飛び込みます。が、私が見てた時は
着地でバランスを崩して(下がフワフワだもんね)、変な姿勢で
前のめりになるように飛び込んだけど、尻餅をつくみたいな?
1階席の人は、見えてないシーンだよね。
私も1階でも見たけど、キレイに飛び込んでたもん。
飛び込んだ亀ちゃんの所へ、スタッフが駆け寄る感じで、
でも亀ちゃん、ニコッって笑うみたいな表情でね~
一瞬で消えて居なくなったけど、でも、笑ったみたいに見えたんだ。
1幕も無事に終わった・・・ そんな笑顔かも知れないけどね。
あと、向かって右横の鉄を組んだセットから、コウキが飛び降りるシーン、
コウキに似たスタントさんは、ホントに上手に飛び降りるからドキドキ。
でも飛び降りる前から、本物のコウキが奈落の中のフワフワマットの横で
スタンバイしてるのが見えるの。スタントさんを見上げながらね。
そういう所も見えて、2階席って楽しいんだ~と再発見しました。

カズヤの入れ替わり、ダンスしてるのはカズヤだと見せかけておいて、
実はカツラをかぶったヤラくんと上手く入れ替わっていて・・・ってシーン。
カズヤは突然、客席に現れるんだけど、どっから来る?って
その現れるシーンが見たくて、客席の後ろばかり見てた。
そうしたら、1階客席の1番後ろ、中央のドアから突然、
すーーーっごい早さで走ってくるの。普通に走ってきた。
角席の人も「キャ!」と驚く間もなく、気付いた時には走り去ってた、
その位のスピードで、ど真ん中の通路を駆け抜けてくの。
もちろんスポットライトも当たってない、真っ暗な中を。
でもでも、すんごい早さで走ってきて、
①定位置に立つ
②ポーズを決める
③そこへスポットライトが当たる
この①~③は、まるで一瞬。同時なの。全部が一瞬でピタッと合うの。
もう、鳥肌が立った。素晴らしすぎて。
何もかものタイミングの良さ、ステキ過ぎました。
駆け抜けてくる亀ちゃんのなびく髪とか、変な事が頭に焼き付いてます。

ボクシングの試合シーン。
亀ちゃんはおなじみの登場曲で、堂々とカッコ良く登場。
コウキの登場曲が「喜びの歌」で、何かすごく嬉しかった。
この試合シーン、殴ったり殴られたり、ものすごく上手い。
前から上手だし、喧嘩のシーンや、殴られて倒れ込むのとか、
ホントに上手だと思うのね。けど、もっと上手くなってる気がして、
変に応援しちゃうと言うか、コウキを殴るのもイヤだし、
殴られるのもイヤだし、その時の2人の目は凄く鋭くて恐いし。
ホントに殴り合ってるみたいに見えるって、演技が上手いって事よね。
全体を見たいシーンはメガネで、がん見したければオペラで・・・
そうやって取っ替え引っ替え見てたけど、試合シーンはオペラで(笑
演技が上手くてハラハラしながら、裸のカズヤに萌え・・・
確かに、凄く身体が締まっているし、筋肉も見違える感じ。
でも全体的に、前のスタイルに戻ったのではなく、1回り大きい。
少年っぽい身体付きが、男っぽくなった気がする。
大きく呼吸するお腹や、大好きなスネ毛の足や、乳首の下に付いた小さな傷や
ポーズをかまえた時の二の腕や、見るところが有りすぎて・・・
コウキに殴られて倒れ込んだ時、寝た姿勢で膝を立てた角度がヤバくて
私の位置からはちょうど、ボクサーパンツの中が見えそうに。
思わず目を伏せてしまいそうで、でも実は、思わず瞬きしてガン見。
でもね、2日目に見ていて・・・
昨日は無かった絆創膏が、増えてたの。
左足の膝下、それもかなり大きな絆創膏、目立たない肌色で、
でも大きいから見えるの。1日目に見たときは、無かったんだよ。
絆創膏を見ただけで、泣けるの。訳が分かんないよね。
でもね、前の日は無かったんだから、新しいキズが増えたって事。
例え小さいキズだとしても、そうやって1つ増え、2つ増え、
頑張ってる証としてキズが増える、だからこそキズまで愛おしい。
キズの増えてく亀ちゃんが、ホントに愛おしく感じて、泣けてしまいます。

い・・・いかん、どんだけ書けば済むんだろう・・・
さっきから何時間、ここを書いてんだろう?
まぁ、急ぎ足で書きます。

えぇ~っと、曲名が特定できない、新しいカズヤの曲、
赤いズボン、赤い上着、インナーはシルバーで、首には黒い巻物、
そういう衣装で歌って踊って、ものすごく釘付けになってしまう場面。
歌がね、ものすごく良くて・・・
あれ、CDにならないかしら?って思うくらい好きで。
ライブでも滅多に、しゃかりきに踊る姿を見せてくれなくなりました。
最近のソロも、穏やかなのが多かったり、流れるようなダンスとかね。
もちろん、どんな中にも亀ちゃんらしい良さがあって、どれもステキで
選びようがない・・・って、いつもそう思うのですけど。
けど、この時のダンス、もう瞬きもしたくない、一瞬も見逃したくない、
頭の中に録画できるなら、【One Night】か、この曲のどっちか、
私はそう思うくらいに、亀ちゃんの必死で踊るダンスが好きかな。
1曲丸々、亀ちゃんメインで一生懸命に踊ってくれます。
カズヤなんだけど、でもダンスは亀ちゃんで・・・
ものすごく成長してる部分、逆に全く変わらずに持ち続けてる部分、
その両方をひしひしと感じる1曲、ここも文句ナシで素晴らしかった。
ホントにホントに、こういうダンスを久しぶりに見た気がして、
何か、何見てもジーーーンとしちゃうけど、やっぱり泣けるのよ。
あまりにも亀ちゃんを感じさせる足さばきに、死にそうになった。
たまりませんでした。

後半、スピードアップして、あれよあれよと進むストーリー展開に
追い付いて見るのがやっとの状態、なんだ、そう来るのか??って
ムリヤリっぽく思えたりもするし、出来すぎてるやろ?と思ったり。
それなのに、後半は始まった所から終わるまで、泣き通した(笑
何でなのか、自分でも分からないけど、泣けてしょうがなかった。
ハンカチが、涙よりも鼻水でズルズル。しゃくりあげてた(恥
2年半越しの、片想いがちょっとだけ実った気分??
って、片想いはずーーーーっと、これからも続くのだけどね。
そうじゃないな、やっぱりね、この人を好きになって良かったと、
心からそう思える瞬間に、自分が立ち会ってるって事に感動・・・
多分、そんな気持ちなんだろうな~

それから、ヤラくんのステージも初めて見た訳ですが、良いですね。
声がすごく通って、歌が上手で、ステキです。
舞台慣れしてる部分もあるだろうし、なんせMAだもんね。
ダンスも、本当に上手でカッコ良かった。ホントに上手いなぁ~って。
素人の私も相方も、よく分からないなりに、上手い!って事だけ分かる。
けどね、あの女性陣2人、本当に圧巻ですね。
ステージに居る時の存在感も、凄いの。見せつけられてる感じ。
歌ってくれると違う意味で鳥肌もんです。素晴らしいです。
声の出し方、自分の見せ方、歌の上手さ、
あぁ、これがプロなんだって、何かそんな風に感じました。
亀ちゃんもきっと、いい刺激を貰ってると思う。
やっぱり凄いな~と思える人と共演するってことは、
必ず何かの成果をもたらしてくれると思うんだ。
得るモノも大きいよね。

えぇ~っと、色んな場面を飛ばしますが、青春アミーゴね。
歌もダンスも、完璧だったと思いました。磨きがかかったダンス。
足を上げるのも、気合いを入れて亀ちゃんらしく、ビシッビシッ!
色んな所で書かれてるから分かってると思いますが、
2番になったらメイン出演者の5人が交代で歌っていくんです。
亀ちゃんは1度、舞台から消えて行きます。
コウキ、ヤラくん、女性陣2人・・・と歌っていく中で、
そろそろ5人目は亀ちゃんが出てくるぞという時に、
左側の席から見てたらね、舞台の袖でスタンバってる亀ちゃんが見えるの。
薄暗い中で、ひっそりと出番を待ってる感じ。
カーテンの陰に隠れるように、じーーーっと舞台を見てる。
その姿が、舞台に出ている4人よりも、ものすごく焼き付いた。
ライトも当たってない薄暗い中なのに、光って見えた(笑
舞台の上が、私には見えてなかったんだろうな~
その場面、控えてる亀ちゃんしか、覚えてないんだもん。
とてもとても印象的だった場面、陰にいても光ってる亀ちゃん、
あの人は、自分から光りを発してるんでしょうか・・・
中から、にじみ出る輝きが、あるんでしょうか・・・
ん~、あまりにもカッコ良くてキラキラで、実はアミーゴを
歌ってるシーンよりも、陰で控えてる亀ちゃんが1番に印象的で、
落ち着いて書いてますが、オペラ越しの号泣でした。
なんでそんなに、際立って見えるんだろうと、不思議で・・・
でも、亀ちゃんだから!!と思うと、意味もなく自分で納得して、
特に不思議でも何でもなくて(笑

もう見えないと思っていたソロも、また聞かせて貰えて嬉しい。
こだわりのボタン位置も健在で、あの位置を1つだけ止める、
それが亀ちゃんの持つ、カッコ良さへのポリシーなんだね。
全体のバランスが素晴らしいと、いつも思います。

1番最後に出てくる時に着替えてくる、黒のタキシード。
これがまた、ハンパなく素敵で♪
タキシードって言うのかな、燕尾服みたいに裾は長かった。
白いシャツに、ネクタイじゃなくて、黒いリボンタイを蝶々結び。
それが、妙に亀ちゃんらしさを醸し出す・・・
左の胸元には、白い造花と、大きな白い羽根と、小さな黒い羽根と
キラキラのスパンコールで出来上がった派手なコサージュ。
えぇ・・・、似合いすぎてると思います。
この黒いタキシードを着るときだけ、髪型を変えてセットして、
オールバックまでは行かないけど、撫で付けるようにした濡れ髪。
あぁ・・・、終わっちゃう・・・
そう思いながら寂しくなって見てるけど、でも、カッコ良くて~
何だか、凄く大人になった亀ちゃんを見せつけられたような、
そんな雰囲気で終わりました。

本当に亀ちゃんしか見てない気がしますが、感動以外の何物でもなく、
ただ、最初から最後までドキドキし続けて、心臓が痛かったです。

昨日のハプニングもそうですが、何が起こるか分からない。
ケガの詳細は分からないけど、打撲なんだよね?
変わらない姿で、1日1日を終えて行けますように・・・
亀ちゃんが毎日満足しながら、少しでも楽しめますように・・・
遠くから祈ってます。
何となくだけど、舞台前には身体を鍛えて、ガッチリした亀ちゃん。
でもね、1ヶ月の公演中に、筋肉が減ることはなくても、
きっと体重は少し減って、スリムになってしまうんじゃないかと。
でもそれも、きっと亀ちゃんのペースというか、いつもの事だろうな。

頑張れっ!! とにかく最後まで、亀ちゃんらしく頑張って!!

まだまだ記憶に残るシーンはあるのだけど、このへんで。


あっ、そういえば最後に、汗がいっぱい飛び散る話になって、
「汗がね・・・、えぇ~っと、亀汁?」って可愛くコウキに聞くの。
あ~ら~、お友達のmちゃんと発想が同じなのねと笑いつつ、
mちゃんはいつも「亀汁」発言をしてるから、あの場に居たら狂喜乱舞だね。
コウキは、「それ何か、汚い感じだぞ!」と突っ込んで、
「亀・・・亀・・・亀エキスとか?」って言ってたと思うんだけど、
何か、エキスって方が変にエロく聞こえた気がしたけど、
2人で楽しげに「汁」とか「エキス」とか何度も言ってた。

あと、もう1つ。コウキと黒人さん3人が、KAT-TUNチームと
銃撃戦をやるシーンで、3人目に出てくる黒人さんは、
「温泉に行ってた、気持ちよかった」とか何とか言うのよね。
銃撃戦の最後に、コウキのパネルに隠れた亀ちゃんがぴょこんと出てきて、
温泉に行ってた黒人さんに向かって、「気持ちいい?」って聞くの。
その聞き方がね・・・、もうこれは私の妄想の話になりますが、
今回の小説の中で、「リカ、気持ちいい?」と聞いたセリフ、
その言葉を頭で思い浮かべた時の雰囲気と、寸分違わず・・・
もう、どんぴしゃりで、想像通りの「気持ちいい?」を聞かせてくれた。
相方は、有り難くも小説の大ファンで居てくれるから、
隣で膝叩いて喜んでるの。「リカに言ってるのと同じだ~!」って。
そんな、どうでもいいような事でも、妙に盛り上がって楽しめました。

本当に、楽しかった。
1番信頼していて、ずっと2年以上もお付き合い頂いてるお友達の
kちゃんとmさん、深夜3時過ぎまで騒いで、ホントに楽しかった。
お付き合い、ありがとうございました。
亀ちゃんの話は尽きないから、終わるに終われなくて・・・(笑
でもホントに、楽しかったです。

スポンサーサイト

<< 【Splash...】 vol,8 | ホーム | 【Splash...】 vol,7 >>


コメント

りえさん♪こんばんは

私も昨日のドリボスの2部に入ってました!

痛みを感じさせず!
精一杯の笑顔で魅了させてくれました(*^_^*)

やっぱり亀梨和也は最高の男ですね☆

フライングも全て完ぺきでした(^ヘ^)v。

彼のプロ意識と、舞台にかける想いを体いっぱいに感じました!。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読みました。
自分は行かないのに、私もなぜかごく限られたところのルポしか見なくなってる。
見たくないとか、悔しくなるとか、そういう積極的な理由じゃなくて、限られた人が伝えてくる言葉の中で、酔っていたい、その思いの中で、漂っていたいって気がして・・・
だから、ここへ寄せてもらっています。

コメント書こうとして、コーヒーカップに手が行き、またキーボードに戻ろうとしてカップへ戻り・・・
どなたかの感想に対して、感想なんて存在しないよね・・・なんて思ってみたりしていました。

2階席で見た・・・ああそうかあ、ちょっと2階へ行ってみちゃったのは、えりだったなあって、そんなことを。
奈落を覗く、袖に待機するところに目がいく、暗い中での絶妙のタイミングに感激する・・・そんな視線が大好きなんだ。
コンサートで、飛び降りる瞬間をストロボ撮影の様に覚えてらして書かれていたのがすごく好きだったから。

細くなったけど、前とは違う体・・・ずっと感じていました。雑誌とかでドリボの記事見てると、もう痩せても、少年のような華奢な感じにはならないんだ・・・強さがぐっと感じられる体になってんだ~なんてね。
裸は正視できないくせに、感じてた。


ずっと泣いていたえり♪ちゃん。亀ちゃんが立ってるだけで泣けてくるえり♪ちゃん。
この文章のなかに終始ある、深くて優しくて、いつも亀ちゃんを心から賞賛して、だけど結構単純にすきっ!って言えちゃうそんな想いを、勝手ながら感じさせてもらいながら、私の気持ちがその中にふんわりと浮かんでいくのです。
いい気持ちです。
ありがとうが言いたい・・・そう思っています。

コメントはお久しぶりですが、いつもお世話になってます。
アクシデントには驚きましたね。メールでも書きましたけど、すぐにお知らせしなくてごめんなさい。

実は昨日の一部でやや失敗があったようで、行けない私はやきもきしましたが、でも、二部に仲良しが行って、元気だったと知り、大変安堵しました。

今日は二部へいけるので、また何かあれば連絡しますね。

えりさんの感想、細かいところまで、素晴らしい思いました。さすがですね。私の適当な(まあ性格なんですけど(⌒_⌒; レポとは大違いで。

お小説も楽しみにしてますね。ではまた!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★なおちゃん★
こんばんは。
まず、名前の事は気にしないで下さいね。
パスがどうとか・・・ 良く分からないからそのままです(笑
頂いたコメントは何でも嬉しいから、
そのままで残しちゃいます。
ドリボズ、行ってきたんですね!
元気そうな亀ちゃんで、安心しましたよね。
すごぉーく心配する気持ちもあるんだけど、
ぜんぜん心配してない自分も居るんですよ。
不思議な事に・・・
亀ちゃんはそういう時、さらに強くなる!
きっと、そういう気持ちかな。
頑張ってるからこそ、惹きつけるんでしょうね~

★ごんままっちちゃん★
こんばんは、丁寧な感想をありがとうございます。
私の記憶、色んな部分で飛んでます。鮮明なシーンだけ・・・みたい(笑
後から一緒に入った友達の感想を読み、「あれ?そうだった?」なんてこと
度々あるんですよ。ココ!!と思ったら、頭に焼き付きます。
小説のえりも、2階のチケットに交換して貰いましたよね。
私も絶対に見たかった!! それは念願でした。
2階席からしか感じられない場面、とても多いと思いました。
今回はどちらも見られたので、本当に良かった、幸せです。
アミーゴで袖に待機する亀ちゃん、スポットライトの当たってない亀ちゃん、
本来は隠れている場面を見つけて、そこでも光ってる亀ちゃん、
それを見つけるのが大好きで、惚れ直して感激します。
スポットライトが当たっていて、カッコいいのは当たり前だもの。
だって、亀梨和也ですもんっ(←盲目だから♪
目を凝らすように探し出して、それでも絶対に裏切らない亀ちゃんが見える。
裏切らないってのは、私の想いを裏切らない姿!って事です。
裏切らないで頑張り続けて、輝く姿を見せ続けてくれる亀ちゃんに
感謝して泣けてきたり、好きで良かったと思い知ったり。
惚れたことに自信を持てたり、これからも付いて行ける事を確認できたり。
色んな想いで、いっぱいになりました。
泣けるのは、亀ちゃんを心配して・・・とか、そういうんじゃないです。
私、変だけどそういうのでは泣かないの。
アクシデントの話を聞いても、泣かない。
それなのに、後半は泣き続けた。しゃくりあげててたもん・・・
ごんままちゃんに見られたら、呆れられるくらい(笑
その泣ける気持ちを上手くは表現できないけど、泣ける自分が好き!
亀ちゃんが好き!! 単純に、大好き!!(笑
そういう気持ちを裏切らない、もっともっと惹きつける、
それが嬉しくて泣けるのかな。好きで良かった~って思うし。
身体の事は、そうだね。もう華奢には戻らないだろうね。
それでも充分に細いのだけど、体つきが違ってきました。
舞台中にあまり食べないで、1度は体重が減るんじゃないか、
そんな気がしますが、それでも以前の体型じゃないよね。
腰が・・・、腰が全く違いますもの♪
いい男に、なりましたよね。それをつくづくと感じます。
あら、感想の感想・・・の感想が、長くなりすぎました。
いつも、ありがとう。

★かふさん★
こんばんは、コメントありがとうございます。
いつもお知らせ頂いたり、こちらこそお世話になって。
今回、かふさんはたくさん入られるので、また
リアルな感想も教えて下さいね。楽しみです。
かふさんの感想も、とても好きです。
私は、ココ!と思った場面しか鮮明に覚えて無くて(笑
かふさんの見ている目線も、私と違っていたりして、
とても新鮮な気持ちで読めたりします。
お忙しいでしょうけど、更新を楽しみにしています。
メールも、書きます・・・

★2007/09/19(水) 18:05の鍵コメ、tちゃんへ
内緒コメ、ありがとう。
私の感想なんて、本当に感じた事を書いてるだけだから・・・
参考になんてならないと思うけど、そう言ってくれると嬉しいよ。
今回の舞台は、いっぱい参加できて良かったね。
譲って頂いたチケット、大事にしてね。
私は行けないからお断りしたけど、参加できる時は参加するべき!
そう思います。ヒマな時間を有効に使えて良かったよね。
小説も、あまり進んでないのだけど頑張ってます。
何だか自分も忙しくてバタバタしてたりして、
自由な時間が無かったりします。フラフラです。
じゃ、楽しんで来て下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。